映画

日系移民史の暗部に迫る 映画「オキナワ サントス」沖縄の「二重の差別」も明らかに 7日から上映:東京 - 東京新聞(2021年8月1日)

www.tokyo-np.co.jp www.youtube.com

冷えきった母娘の関係修復描く 台湾映画「日常対話」 東中野で31日から上映:東京 - 東京新聞(2021年7月28日)

www.tokyo-np.co.jp www.youtube.com

「サンマ裁判」おばあの闘い 沖縄の民主主義求めた映画 17日から都内で上映 - 東京新聞(2021年7月11日)

www.tokyo-np.co.jp www.youtube.com

日本で暮らし、日本語話すのに存在を認められない…在日クルド人の苦しみ知って ドキュメンタリー映画公開 - 東京新聞(2021年7月10日)

www.tokyo-np.co.jp www.youtube.com

生涯かけハンセン病治療、孤高の医師を映画化 国の強制隔離政策に異を唱え、患者守る - 京都新聞(2021年6月4日)

www.kyoto-np.co.jp

国策「ハンセン病隔離」 医師の闘い、現代に 生き様を映画化 - 毎日新聞(2021年5月29日)

mainichi.jp

「ぶれずに信じる道」ハンセン病隔離に抵抗した医師の映画完成 - 毎日新聞(2021年5月27日)

mainichi.jp

ハンセン病回復 石山さん(静岡県出身)夫婦の「支えあう」日常、映画に ネットフリックスで公開中 - 静岡新聞(2021年5月30日)

www.at-s.com

<金口木舌>戦場の理髪師 - 琉球新報(2021年5月13日)

https://ryukyushimpo.jp/column/entry-1320216.html先日亡くなった田中邦衛さんは北国が似合う俳優だった。北海道富良野市を舞台としたドラマ「北の国から」では主人公の黒板五郎を好演し、代表作となった。木訥(ぼくとつ)とした語り口はその素顔と重なる…

横浜の映画館に右翼団体街宣、上映は継続 厚木では中止に 「反日武装戦線」描くドキュメンタリー:神奈川 - 東京新聞(2021年5月10日)

www.tokyo-np.co.jp

炎上した異人種間キス「多様性の突破口に」 同性愛公表の俳優ジョージ・タケイさんが語るあのシーン - 東京新聞(2021年4月30日)

www.tokyo-np.co.jp 〈敵〉と呼ばれても 作者:タケイ,ジョージ 発売日: 2020/10/30 メディア: 単行本

<金口木舌>理不尽な現実 - 琉球新報(2021年5月1日)

https://ryukyushimpo.jp/column/entry-1314078.html 「何も変わっていないし、何も終わっていない。理不尽な現実はずっと続いている」。東京電力福島第1原発事故で被災した農家の樽川(たるかわ)和也さんの苦悩を描くドキュメンタリー映画「大地を受け継…

変わる米アカデミー賞 多様性の意義知る契機に - 毎日新聞(2021年4月30日)

mainichi.jp

在日コリアン 尊厳めぐる闘い ドキュメンタリー映画、新宿で17日上映 - 東京新聞(2021年4月6日)

www.tokyo-np.co.jp www.youtube.com

ベルトラン・タベルニエさん死去 フランスの映画監督 - 東京新聞(2021年3月28日)

www.tokyo-np.co.jp

(書評) 見るレッスン 映画史特別講義 蓮實重彦(はすみ・しげひこ)著 - 東京新聞(2021年3月21日)

www.tokyo-np.co.jp 見るレッスン 映画史特別講義 (光文社新書 1107) 作者:蓮實 重彥 発売日: 2020/12/15 メディア: 新書

原発事故のドキュメンタリー制作 映画監督・鎌仲ひとみさん 放射線から子どもたちを守るために - 東京新聞(2021年3月16日)

www.tokyo-np.co.jp 映画『ミツバチの羽音と地球の回転』予告編 鎌仲ひとみ最新作『内部被ばくを生き抜く』予告編 『小さき声のカノン』予告編

映画「ノマドランド」で監督賞のジャオ氏、中国から「売国女監督」などと非難 過去の母国批判で - 東京新聞(2021年3月14日)

www.tokyo-np.co.jp 『ノマドランド』予告編

映画で問う 政治のあり方 6日から市民グループ、下高井戸で上映:東京 - 東京新聞(2021年3月2日)

www.tokyo-np.co.jp 映画『れいわ一揆』予告編 『福島は語る』予告編 土井敏邦

(余録) 旧東ドイツの国家保安省は… - 毎日新聞(2021年3月1日)

https://mainichi.jp/articles/20210301/ddm/001/070/104000c 旧東ドイツの国家保安省(シュタージ)は、社会主義体制を守るため国中に監視網を巡らせた。人々の言動を見張ったのは約9万人の役人に限らない。国民の6人に1人が、親友や同僚、家族を盗聴・…

少女が見た 沖縄の痛み 映画「ちむぐりさ」来月6日松戸で上映:千葉 - 東京新聞(2021年2月24日)

www.tokyo-np.co.jp ドキュメンタリー映画『ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記』予告編

「原発国民投票」実現したら…賛成?反対? 「国民の選択」描く映画 来月公開 - 東京新聞(2021年2月16日)

www.tokyo-np.co.jp 映画『国民の選択』予告編

LGBT 中国の現実 告白巡る親子の葛藤を映画化 23日から新宿で上映 - 東京新聞(2021年1月13日)

www.tokyo-np.co.jp

小学校に1年密着 映画「あこがれの空の下」 いつか、こんな教育が普通の社会に - 東京新聞(2020年12月17日)

www.tokyo-np.co.jp 和光小学校:映画「あこがれの空の下〜教科書のない小学校の1年〜」予告編

<金口木舌>時代の空 - 琉球新報(2020年12月16日)

https://ryukyushimpo.jp/column/entry-1242068.html「法廷は天候に左右されないが、時代の空気には左右される」。映画「ビリーブ 未来への大逆転」に出てくるせりふだ。9月に他界した米国の最高裁判事ルース・ギンズバーグ氏(享年87)の半生を描いた作品…

技能実習生が迫られる辛い選択、日本の女性にも通じる 映画『海辺の彼女たち』の世界 - Asahi Shimbun GLOBE+(2020年12月12日)

globe.asahi.com 『海辺の彼女たち』予告|Along the Sea - Trailer|第33回東京国際映画祭 33rd Tokyo International Film Festival

菅首相こそ見るべき…「ザ・ケイブ」が描く“公助”の精神 - 日刊ゲンダイ(2020年12月12日)

www.nikkan-gendai.com タイ洞窟からの救出劇を映画化!『THE CAVE(ザ・ケイブ) サッカー少年救出までの18日間』予告編

大林宣彦が明かした自作への思い~「自分の映画には常に戦争が出てくる。そして必ず生者と死者が同居している」(Book Bang) - Yahooニュース(2020年11月30日)

news.yahoo.co.jp A MOVIE 大林宣彦、全自作を語る (立東舎) 作者:大林 宣彦 発売日: 2020/10/22 メディア: 単行本

「恥ずべき歴史にも向き合って」 映画「アーニャは、きっと来る」の原作者マイケル・モーパーゴ - 時事ドットコム(2020年11月29日)

www.jiji.com 映画『アーニャは、きっと来る』予告編

個人で労働組合に加入し抵抗 「アリ地獄天国」 来月4日まで横浜でアンコール上映:神奈川 - 東京新聞(2020年11月25日)

www.tokyo-np.co.jp ドキュメンタリー映画『アリ地獄天国』・土屋トカチ監督舞台挨拶 【予告篇】映画「アリ地獄天国」