裁判員制度

高校生の裁判員として裁判参加「欠席扱いにせず」文科省周知へ - NHK(2022年3月2日)

www3.nhk.or.jp

凄惨な遺体や傷口の写真、裁判員に見せるべきか、伏せるべきか イラストや加工に賛否 - 47NEWS(2022年1月26日)

nordot.app

裁判員事件を軸に実名広報へ 改正少年法 18・19歳「特定少年」- FNNプライムオンライン(2022年1月20日)

www.fnn.jp www.youtube.com

裁判員年齢引き下げ/周知と環境整備が不十分だ - 河北新報(2022年1月13日)

kahoku.news

18歳から裁判員 混乱招かぬ周知と準備を - 山陽新聞デジタル(2021年12月22日)

www.sanyonews.jp

学ぶ 裁判員裁判の今 23年から対象18歳以上に 浦和の高校で裁判官講義 「広い視野で議論 若い人にも」:埼玉 - 東京新聞(2021年12月14日)

www.tokyo-np.co.jp

来年の裁判員の候補者 約23万人に通知発送 最高裁 - NHK(2021年11月16日)

www3.nhk.or.jp

「社会経験少ないのに人を裁いてよいのかな」高校生裁判員、目前に - 西日本新聞(2021年10月4日)

www.nishinippon.co.jp

裁判員「20歳→18歳」引き下げ、知っていますか? 有志弁護士が「議論が不十分だった」と批判| - 弁護士ドットコムニュース(2021年10月4日)

www.bengo4.com

少年法の適用は「20歳未満」を維持 与党協議で合意 - 朝日新聞(2020年7月22日)

www.asahi.com

取り調べ全て録音・録画94.2% 裁判員裁判対象事件、初の9割超え 警察庁 - 毎日新聞(2020年6月18日)

mainichi.jp

【裁判員制度10年(3)】重い負担 6割超が辞退 経験共有へ「守秘義務」の壁も - 西日本新聞(2019年6月28日)

www.nishinippon.co.jp

【裁判員制度10年(2)】「痛烈なメッセージ」求刑上回る判決も 量刑相場に市民感覚、判決に幅 - 西日本新聞(2019年6月27日)

www.nishinippon.co.jp

【裁判員制度10年(1)】遺体写真「配慮」の加工 負担軽減へ絞られる証拠 - 西日本新聞(2019年6月26日)

www.nishinippon.co.jp

首相、衆参同日選見送り 参院選は7月21日投開票 - 朝日新聞(2019年6月25日)

https://megalodon.jp/2019-0626-0911-55/https://digital.asahi.com:443/articles/ASM6T54Y6M6TUTFK01F.html

裁判員制度10年 市民参加のあり方議論を - 信濃毎日新聞(2019年5月26日)

https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190526/KT190524ETI090015000.phphttp://archive.today/2019.05.26-003524/https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190526/KT190524ETI090015000.php 78%―。2018年に裁判員の候補になった人のうち、辞退す…

<91342人 裁判員10年>(番外編)現場の変化や課題法曹三者に聞く - 東京新聞(2019年5月25日)

https://megalodon.jp/2019-0525-0936-00/https://www.tokyo-np.co.jp:443/article/national/list/201905/CK2019052502000146.html

<91342人 裁判員10年>(4)広すぎる「守秘」重圧に - 東京新聞(2019年5月22日)

https://megalodon.jp/2019-0522-0907-16/https://www.tokyo-np.co.jp:443/article/national/list/201905/CK2019052202000128.html

<91342人 裁判員10年>(2)死刑でよかったのか 37件 重くのしかかる命の判断 - 東京新聞(2019年5月20日)

https://megalodon.jp/2019-0520-0924-02/https://www.tokyo-np.co.jp:443/article/national/list/201905/CK2019052002000110.html

市民裁判員10年 民主主義を学ぶために - 東京新聞(2019年5月20日)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2019052002000154.htmlhttps://megalodon.jp/2019-0520-0925-27/https://www.tokyo-np.co.jp:443/article/column/editorial/CK2019052002000154.html 裁判員制度が始まって十年になる。プロ裁判官だ…

<91342人 裁判員10年>(1)仕事に支障 辞退も多く - 東京新聞(2019年5月19日)

https://megalodon.jp/2019-0519-0943-20/https://www.tokyo-np.co.jp:443/article/national/list/201905/CK2019051902000149.html

裁判員制度10年、殺人罪起訴率4割減 未遂含め 「自白なし」慎重対処 - 西日本新聞(2019年5月17日)

http://archive.today/2019.05.18-001705/https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/510733/

200日の審理耐えられますか 裁判員裁判長期化の一途 - 朝日新聞(2019年5月13日)

http://archive.today/2019.05.14-001219/https://www.asahi.com/articles/ASM4V64SNM4VPTIL02M.html

「裁判員裁判の意味ない」=通り魔事件の遺族-制度導入10年 - 時事ドットコムニュース(2019年5月12日)

http://archive.today/2019.05.13-064822/https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051200220&g=soc

裁判員10年、厳罰化傾向 道内4地裁 市民感覚を反映、法定下限下回る判決も - 北海道新聞(2019年5月12日)

http://archive.today/2019.05.12-010400/https://www.hokkaido-np.co.jp/article/304200

死刑執行、続く苦悩=「抱えていかなければ」-裁判員制度導入10年 - 時事ドットコム(2019年5月6日)

http://archive.today/2019.05.07-010117/https://www.jiji.com/jc/article?k=2019050500309&g=soc

改正裁判員法の見直し議論へ 法務省、検討会設置 - 共同通信(2019年1月15日)

https://this.kiji.is/457726554966557793?c=39546741839462401 http://archive.today/2019.01.15-073000/https://this.kiji.is/457726554966557793?c=39546741839462401 法務省は15日、審理が著しく長期にわたる事件を裁判員裁判の対象から除外できる規定な…

裁判員候補、出席2割 選任手続き 制度形骸化の恐れ - 東京新聞(2018年11月11日)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201811/CK2018111102000164.html https://megalodon.jp/2018-1111-1003-43/www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201811/CK2018111102000164.html 二〇〇九年に導入された裁判員制度で、裁判員を選ぶ…

最高裁 裁判員「有罪」を覆した高裁無罪判決を初の破棄 - 毎日新聞(2018年7月13日)

https://mainichi.jp/articles/20180714/k00/00m/040/102000c http://archive.today/2018.07.13-213823/https://mainichi.jp/articles/20180714/k00/00m/040/102000c 鳥取県米子市で2009年、ホテル支配人を殺害したとして強盗殺人罪に問われた同市の無職…

最高裁長官 司法の責務改めて胸に - 朝日新聞(2018年1月12日)

https://www.asahi.com/articles/DA3S13309168.html http://archive.is/2018.01.11-212506/https://www.asahi.com/articles/DA3S13309168.html 最高裁の長官に大谷直人氏が就任し、これからの司法のかじ取りに当たることになった。 近年「多数こそ正義」の風…