コラム

【政界地獄耳】カオス状態の都知事選 「立候補案件」増やす方法も - 日刊スポーツ(2024年6月24日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202406250000032.html ★NNNと読売新聞が今月21日から23日まで行った世論調査のポイントは岸田内閣の支持率は23%と政権発足以来、最低を更新したことだが、興味深いのは次の衆議院選挙後の政権…

<視点>台湾に学ぶべき時だ 論説委員・桐山桂一 - 東京新聞(2024年6月25日)

www.tokyo-np.co.jp

<金口木舌>平和願う心を養う日に - 琉球新報(2024年6月23日)

https://ryukyushimpo.jp/newspaper/entry-3224438.html 沖縄戦は、年を経ても癒えぬ悲しみを体験者の心に刻んだ。二十数年前、初めて体験者から話を聞いた。北中城村から家族8人で南部へ逃げ、妹と生き延びた伊佐順子さんの足取りをたどる平和学習の取材だ…

【政界地獄耳】選挙をゆがめる、国民の税金で活動しながら政党隠した代理戦争 - 日刊スポーツ(2024年6月21日)

https://www.nikkansports.com/m/general/column/jigokumimi/news/202406210000119_m.html?mode=all ★19日、告示前に東京都知事選に出馬する主要候補4人が共同記者会見に出席。そこで前広島県安芸高田市市長・石丸伸二が「自民党に限らず既存の政党政治に対…

【政界地獄耳】首相vs元首相にベテラン2人の声、自民党にどう響く - 日刊スポーツ(2024年6月20日)

https://www.nikkansports.com/m/general/column/jigokumimi/news/202406200000079_m.html?mode=all★自民党副総裁・麻生太郎が「将来に禍根を残すような改革だけは、やってはいけない」「政治資金の透明性を図ることは当然だが、将来、国会議員を目指す若者…

【政界地獄耳】パーティーが「政治活動の源」は自民党昭和世代の議員の本音か - 日刊スポーツ(2024年6月19日)

https://www.nikkansports.com/m/general/column/jigokumimi/news/202406190000066_m.html?mode=all ★18日の産経新聞は「自民党派閥のパーティー券収入不記載事件で4月に党役職停止1年の処分を受けた林幹雄元幹事長代理が、28日に千葉市内で『勉強会』と称す…

<金口木舌>差別と向き合う - 琉球新報(2024年6月19日)

https://ryukyushimpo.jp/newspaper/entry-3209109.html 地域に根ざした情報発信を顕彰する「むのたけじ地域・民衆ジャーナリズム賞」の名称から、むの氏の名前を削ったと賞の実行委員会が発表した。むの氏が障がい者を差別するような発言をしていたというの…

【政界地獄耳】小池百合子×自民党×三井不動産 関係追及すべきとの蓮舫指摘は当然 - 日刊スポーツ(2024年6月18日)

https://www.nikkansports.com/m/general/column/jigokumimi/news/202406180000049_m.html?mode=allす★都知事選挙の20日告示直前、「しんぶん赤旗」16日付は1面の肩で「東京都にある五輪選手村(中央区、現晴海フラッグ)や神宮外苑再開発(新宿区、港区)な…

<視点>大学の学費値上げ 親頼み抜け出してこそ(論説委員・佐藤直子さん) - 東京新聞(2024年6月18日)

www.tokyo-np.co.jp

(森達也 私的映画論)西川美和監督の傑作『すばらしき世界』で反社会的存在への不寛容を考える - newsweekjapan(2024年6月8日)

www.newsweekjapan.jp www.youtube.com

【政界地獄耳】国政と都知事選分けられぬ立民執行部の失策 - 日刊スポーツ(2024年6月15日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202406150000122.html ★13日、日本維新の会代表・馬場伸幸は会見で5月31日に自民党総裁・岸田文雄との合意文書で、調査研究広報滞在費(旧・文書通信交通滞在費)の使途公開や立法措置について…

【政界地獄耳】ウクライナ支援めぐり欧州混乱 その時日本は… - 日刊スポーツ(2024年6月14日)

https://www.nikkansports.com/m/general/column/jigokumimi/news/202406140000052_m.html?mode=all ★G7(主要7カ国サミット)の首脳会議に出席するため、首相・岸田文雄はイタリア入りした。3日間の日程で行われるが、初日の13日はウクライナのゼレンスキー…

【政界地獄耳】国民の怒り、支持者の離反 いまだ理解出来ぬ自民党 - 日刊スポーツ(2024年6月11日)

https://www.nikkansports.com/m/general/column/jigokumimi/news/202406110000038_m.html?mode=all★8日、自民党副総裁・麻生太郎は自民党福岡県連で政治とカネについて「政治資金の透明性を図ることは当然ですが、同時に我々は将来に禍根を残すことになるよ…

<金口木舌>子育てに必要な支援 - 琉球新報(2024年6月9日)

https://ryukyushimpo.jp/newspaper/entry-3174405.html 子どもの貧困率が全国の2倍ある沖縄の実情を知ろうと高校生たちの声を拾ったことがある。みんな明るく元気だ。バイト情報誌を見ていた数人は「修学旅行費の足しにしたい」と話してくれた▼その夜、一…

【政界地獄耳】幹事長交代で後任は森山裕か石破茂か 秋に向けて自民党が動き出す - 日刊スポーツ(2024年6月7日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202406070000125.html ★結局、衆院では政治資金規正法改正を巡り、自民党が3度修正した改正案が可決、成立したものの参院への送致が遅れた。参院では23日の今国会会期末までに成立させるには審…

<金口木舌>時間では解決できない - 琉球新報(2024年6月2日)

https://ryukyushimpo.jp/column/entry-3149906.html 傷ついた心を癒やしてくれるはずの時が壁となって立ちはだかる。旧優生保護法下で不妊手術を強いられた被害者らの訴えに対し、国は不法行為から20年が過ぎれば原告の請求権が消える除斥期間を主張し、補…

【政界地獄耳】沖縄2つの記念日と県議選 候補者も有権者も整理できていない基地問題 - 日刊スポーツ(2024年6月1日)

https://www.nikkansports.com/m/general/column/jigokumimi/news/202406010000104_m.html?mode=all ★第2次世界大戦後、サンフランシスコ講和条約によって日本は独立したものの、沖縄は27年間米軍の統治下に置かれた。沖縄の本土復帰から5月15日で52年になっ…

【政界地獄耳】自民党内にも「本当に小池支持でいいのか」の声 - 日刊スポーツ(2024年5月31日)

https://www.nikkansports.com/m/general/column/jigokumimi/news/202405310000145_m.html?mode=all ★出馬表明してまだ数日だが、立憲民主党参院議員・蓮舫の都知事選出馬表明の勢いとインパクトは計り知れない。何よりも都知事選挙が都民のみならず国民の大…

【政界地獄耳】都民を惑わせ続ける小池百合子 出馬表明、自民との関係ぎりぎりまで思わせぶりか - 日刊スポーツ(2024年5月30日)

https://www.nikkansports.com/m/general/column/jigokumimi/news/202405300000234_m.html?mode=all ★立憲民主党参院議員・蓮舫が都知事選(6月20日告示、7月7日投開票)に出馬を固めたことで、現職で3期目の準備を進める都知事・小池百合子は判断を迫られて…

【政界地獄耳】与野党対決や政策論争にはなりそうにない都知事選 今更知名度対決は必要か - 日刊スポーツ(2024年5月28日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202405280000077.html ★中央メディアは静岡県知事選挙を立憲・国民が推薦した元浜松市長・鈴木康友の前に自民党の推薦を受けた元静岡県副知事・大村慎一が惨敗したことを受け、岸田政権への打…

【政界地獄耳】立憲民主党の出来ないハードルにお粗末言い訳 - 日刊スポーツ(2024年5月25日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202405250000088.html ★自民党の反撃は満を持していたといえる。24日、衆院政治改革特別委員会で自民党は政治資金パーティーの全面禁止法案を提出している立憲民主党幹部がパーティーを開催し…

【政界地獄耳】地方自治に逆行する自治法改正の裏に衰退国家の準備 - 日刊スポーツ(2024年5月24日)

https://www.nikkansports.com/m/general/column/jigokumimi/news/202405240000030_m.html?mode=all ★後半国会は衆院政治改革特別委員会での規正法改正ばかりが報じられるが、23日は法案提出者の自民党政治刷新本部座長・鈴木馨祐が自民案の見直しについて、…

<金口木舌>不公平感のない職場に - 琉球新報(2024年5月22日)

https://ryukyushimpo.jp/newspaper/entry-3109716.html 先日、経済面に元東レ経営研究所社長の佐々木常夫さんの訃報記事が載った。記事には触れていなかったが「ワークライフバランス」実践の象徴とされた人だ▼自閉症の息子やうつ病を患う妻の世話をし、家…

<金口木舌>沖縄を象徴する日 - 琉球新報(2024年5月18日)

ttps://ryukyushimpo.jp/column/entry-3093165.html 東京・市ケ谷の防衛省には自衛隊の最高司令部「中央指揮所」がある。有事の際には各部隊を指揮する存在で、文字通り国防の中枢だ▼国が安全保障上重要とする土地の利用状況を調査、規制する土地利用規制法…

<金口木舌>一字一句変わってないのに - 琉球新報(2024年5月16日)

https://ryukyushimpo.jp/newspaper/entry-3082982.html1968年2月、倉石忠雄農林大臣は記者会見でこう発言して更迭された。「こんなばかばかしい憲法を持っている日本はめかけのようなものだ」「軍艦や大砲を背景に持たなければだめだ。憲法は他力本願だ」▼…

<視点>桐生市の生活保護 行政の理不尽とメディア(小松田健一前橋支局長) - 東京新聞(2024年5月15日)

www.tokyo-np.co.jp

【政界地獄耳】原爆投下に関する米政府の閣僚発言 ずれている米に本気で怒れない日本 - 日刊スポーツ(2024年5月15日)

https://www.nikkansports.com/m/general/column/jigokumimi/news/202405150000025_m.html?mode=all ★世界は2つの長期化する戦争を抱え、その解決策すら見えない中、本来、世界をリードする役目とその立場であることを幾つもの歴史の中で証明してきた米国が…

<視点>イスラエル軍のAIシステム 何が虐殺を促したのか ・田原牧 論説委員兼編集委員 - 東京新聞(2024年5月14日)

www.tokyo-np.co.jp

<ぎろんの森>水俣病と環境省の「聞く力」 - 東京新聞(2024年5月11日)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/326484 ぎろんの森は大型連休中、休載しましたので2週間ぶりとなります。皆さんはどんな連休を過ごされましたか。 この期間中、いまだにこんなことをしているのか、と驚くことが起こりました。 四大公害病の一つ、水俣病…

「岡口基一裁判官罷免判決・批判」 山元 一さん(慶應義塾大学大学院法務研究科教授)- 法学館 憲法研究所(2024年5月8日)

www.jicl.jp