コラム

(筆洗) 怪しげなこと、力をたのむこと、世を乱すようなこと、鬼神に関… - 東京新聞(2020年9月23日)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/57162 怪しげなこと、力をたのむこと、世を乱すようなこと、鬼神に関することを、孔子は語らなかった。論語にいう<怪力乱神を語らず>は、後世に伝えられている。立派な人物は、理性で説明できないことを口にすべきでは…

<金口木舌>ぱおん内閣? - 琉球新報(2020年9月23日)

https://ryukyushimpo.jp/column/entry-1195473.html 検索の目印となるハッシュタグを付けるなら菅内閣は何内閣か。県内各界で活躍する人に表現してもらった17日付の本紙記事は面白かった。中でも作家オーガニックゆうきさんの「ぱおん内閣」に共感した ▼「…

(政界地獄耳) 菅首相、狙うのは「死んだふり解散」- 日刊スポーツ(2020年9月22日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202009220000060.html ★首相・菅義偉は細かな各論的政策を矢継ぎ早に繰り出し、各閣僚にも幾つかの課題を与え、仕事をすぐにスタートさせた。それぞれの仕事は国民生活に直結するものばかりで…

(筆洗) 現在、米国のハーバード大学ロースクール学生の男女比率はだい… - 東京新聞(2020年9月20日)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/56667 現在、米国のハーバード大学ロースクール学生の男女比率はだいたい同じだそうだ。1958年にその女性が入学した時は男性500人以上に対して女性はわずか9人。教授の質問に答える時は緊張した。もし自分が失敗すれば女…

<記者だより>どうなる「女性活躍」:神奈川 - 東京新聞(2020年9月20日)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/56655 コロナ禍にあり誰しも苦労や大変さを感じただろうが、やはり男性より女性の負担は大きかったと思う。仕事を失った非正規社員の女性、突然の全国一斉休校で降って湧いた子どものケアにぼうぜんとしたお母さんがどれ…

<金口木舌>32軍司令部壕と平和への誓い - 琉球新報(2020年9月20日)

https://ryukyushimpo.jp/column/entry-1194266.html 8月末、那覇市の首里城周辺を通り掛かると、見慣れた守礼門に違和感を覚えた。「守礼之邦」と刻まれた扁額が見当たらない。台風9号に向けた対策で取り外されていた ▼続く台風10号後の9月7日、扁額が再設…

(政界地獄耳) 野党まとまりバージョンアップは成功 - 日刊スポーツ(2020年9月19日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202009190000155.html ★前首相・安倍晋三の退陣、自民党総裁選、菅内閣成立とあわただしく過ぎたが、一方、合流した立憲民主党の規模が拡大され、リニューアルした。国民には代表・枝野幸男、…

<金口木舌>同性カップル、なぜ「他の親族」に? - 琉球新報(2020年9月19日)

https://ryukyushimpo.jp/column/entry-1193820.html 国勢調査員が持っている手提げ袋がフリマアプリで出品されていたことが分かり、総務省がアプリの運営会社に出品の取り下げを要請した。出品は調査員への信頼をおとしめる ▼今年は5年に一度、国が実施す…

(2020年9月18日) 前首相の「遺言」ちりばめられている - 日刊スポーツ(2020年9月18日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202009180000073.html ★首相・菅義偉の一連の会見での発言を整理すると、秋冬のコロナ禍拡大の可能性をはらむことを鑑み、早期の解散総選挙で菅政権を信任させようという考えはないと感じる。…

<金口木舌>温存される不平等 - 琉球新報(2020年9月18日)

https://ryukyushimpo.jp/column/entry-1193150.html 「法廷は理由は分からないが完全無罪を言い渡した。その意味で誤審だった」。1970年9月18日に糸満町(現在の糸満市)であった女性れき殺事件について米国民政府法務局は、高等弁務官宛ての機密報告…

(私説・論説室から) 誰も置き去りにしない政治を 論説副主幹・豊田洋一 - 東京新聞(2020年9月17日)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/56040 新政権の発足に当たり、気掛かりなことがある。菅義偉首相が、主権者である国民の一人一人が幸せを追求できる政治を実現しようとしているかどうか、である。菅氏は目指す社会像として「自助・共助・公助、そして絆…

(政界地獄耳) 問題なのは新たな既得権を作ること - 日刊スポーツ(2020年9月15日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202009150000059.html ★それにしてもメディアは新総裁・菅義偉の言う「安倍政治の継承」とやらを垂れ流すが、安倍政治の検証や総括はやったのだろうか。それなしに安倍政治の継承というのは何…

(政界地獄耳) おぼつかない答弁注意してた菅なのに - 日刊スポーツ(2020年9月14日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202009140000091.html ★首相を担う覚悟も政策もあったが、人が集まらない元幹事長・石破茂。名門派閥・禅譲、政策はあったが覚悟が足りなかった政調会長・岸田文雄。派閥もカネも、安倍政治の…

<金口木舌>「不当表示」見過ごさない目を - 琉球新報(2020年9月12日)

https://ryukyushimpo.jp/column/entry-1190801.html 商品に正しい表示がなければ消費者は不利益を被る恐れがある。消費者庁は景品表示法について「うそや大げさな表示など、消費者をだますような表示は禁止」と説明する ▼政治家を選ぶ際はどうか。有権者は…

<金口木舌>大学生の窮状をに耳を傾けて - 琉球新報(2020年9月12日)

https://ryukyushimpo.jp/column/entry-1189915.html コロナ禍で4人に1人の大学生が秋学期以降の休学を視野に入れ、1割は退学も検討―。立命館大学の学生新聞社による調査で深刻な実態が浮き彫りになっている。対面授業や課外活動の制限に加え、背景に家庭…

<南風>厳しさの裏側 - 琉球新報(2020年9月12日)

https://ryukyushimpo.jp/hae/entry-1189458.html 教員は、人を教え導く職業ではあるが、私は逆に仕事を通して多くのことを学生から学ばせてもらった。入社当初の頃は、教員としての自信のなさと学生に嫌われたくないという気持ちから、友達のような接しやす…

(私説・論説室から) 隠された「時間との闘い」 - 東京新聞(2020年9月9日)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/54336 残された時間はわずかだ。戦後七十五年。体験者抜きにどう惨禍を伝えるのか。今夏も戦争を振り返る特集で、そう繰り返された。でも、体験者に勝る語り部はいない。まずは生存者たちから聞いておかねばならない。こ…

(政界地獄耳) 菅の常套句「問題ない」に問題あり - 日刊スポーツ(2020年9月9日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202009090000078.html ★自民党は首相・安倍晋三が突然辞任表明したため総裁選挙を。野党はやっとひとつの塊をつくることになり合流手続きとともに代表選挙を。コロナ禍で政治空白を作ってはい…

(余録) 終戦直後の夏… - 毎日新聞(2020年9月7日)

https://mainichi.jp/articles/20200907/ddm/001/070/086000c 終戦直後の夏。当時のソ連によって抑留され、強制労働に苦しみながらも、画家は絵の具箱を手放さなかった。帰還後に「シベリア・シリーズ」を描いた香月(かづき)泰男だ。<生命そのものが危険…

(余録)「近代ギター音楽の父」と呼ばれる… - 毎日新聞(2020年9月6日)

https://mainichi.jp/articles/20200906/ddm/001/070/062000c 「近代ギター音楽の父」と呼ばれるスペインの作曲家フランシスコ・タレガ(1852~1909年)に「ラグリマ」という小品がある。スペイン語で「涙」の意だ。4歳の愛娘を病で失った心情をう…

<金口木舌>戦世の終わり願う - 琉球新報(2020年9月6日)

https://ryukyushimpo.jp/column/entry-1186157.html ハワイ沖縄連合会の一大行事オキナワンフェスティバルが開催中だ。例年ならホノルルで沖縄からの訪問者と県系人が踊りや歌などを通じて交流するが、新型コロナウイルスの影響で初のオンライン開催になっ…

<金口木舌>求めているのは当たり前の権利 - 琉球新報(2020年9月5日)

https://ryukyushimpo.jp/column/entry-1185573.html 日本でもブームになっている韓国ドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」。主人公の営む居酒屋の料理長はトランスジェンダー。自身の「性」を公表せず生きてきたが、敵対する企業から「秘密」を暴露され精…

(政界地獄耳)「カネと権力」昭和の自民復活? - 日刊スポーツ(2020年9月4日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202009040000087.html ★首相・安倍晋三の退陣表明の後、間髪入れずに官房長官・菅義偉を総裁候補に祭り上げるだけでなく、あっという間に派閥の根回しをして軽量級と見立てた自民党党政調会長…

(政界地獄耳) 二階と御用記者 世論誘導のなせる業 - 日刊スポーツ(2020年9月3日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202009030000083.html ★首相・安倍晋三の退陣表明から政策発表も国家ビジョンも、まして出馬表明もしていない段階で党内主要派閥がこぞって官房長官・菅義偉へ支持表明をするなどの異常事態を…

(政界地獄耳) 自由でも民主的でもない自民党の体質 - 日刊スポーツ(2020年9月2日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202009020000028.html ★官房長官・菅義偉の勢いが止まらない。新聞辞令では新総理・菅の下、官房長官に防衛相・河野太郎や環境相・小泉進次郎の入閣など、すでに神奈川県連内閣の様相だ。一部…

<金口木舌>罪問えるハードル高い性犯罪 - 琉球新報(2020年9月2日)

https://ryukyushimpo.jp/column/entry-1183818.html 「抵抗していないとあなたも悪いと責任を被害者側に負わせる考え方」。動画配信サイト「ユーチューブ」で刑法の性犯罪規定に突っ込みを入れるのは「せやろがいおじさん」こと榎森耕助さん。刑法では同意…

(政界地獄耳) 国民に暫定内閣などない - 日刊スポーツ(2020年9月1日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202009010000049.html ★メディアは既に官房長官・菅義偉が次期首相に内定したような騒ぎだが、自民党のご都合主義にもうんざりする。直近の各社の世論調査では森友問題の再調査、コロナ禍対策…

(私説・論説室から) 自分の中の「戦争」 - 東京新聞(2020年8月31日)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/52204 東京都武蔵村山市の「PTSDの日本兵と家族の交流館」を訪ねた。黒井秋夫さん(72)が今年五月に自宅の敷地に開設した。長く中国で従軍していた父親が心的外傷後ストレス障害(PTSD)だったのかも、と黒井…

(余録) 福岡の筑豊は炭鉱労働者の町だった… - 毎日新聞(2020年8月30日)

https://mainichi.jp/articles/20200830/ddm/001/070/087000c 福岡の筑豊は炭鉱労働者の町だった。少ない賃金でも大酒を飲み、カネがなくなると、わが子に盗みをさせる父親もいた。小学5年生の男児が書いた「どろぼう」という詩がある。 <父ちゃん 何し僕…

<金口木舌>この国は「美しい」のか - 琉球新報(2020年8月29日)

https://ryukyushimpo.jp/column/entry-1181523.html 戦後生まれ初の首相となった政治家が掲げた 「美しい国」とはいったい何だったのか。国中が新型コロナウイルスの猛威にさらされている中での安倍晋三首相の辞意表明に接し、湧いてきた疑問である ▼憲法改…