コラム

【政界地獄耳】3月に政変の兆し 岸田内閣の支持率は政権発足以来最低に - 日刊スポーツ(2024年2月21日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202402210000036.html ★17、18の両日に毎日新聞の世論調査で岸田内閣の支持率は、1月27、28日実施の前回調査(21%)より7ポイント減の14%で岸田政権発足以来最低となった。今までは岸田の失…

<視点>「政治とカネ」裏金事件 違和感だらけの派閥 政治部・近藤統義 - 東京新聞(2024年2月21日)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/310469 自民党の派閥の多くが解散を宣言した。半年前に政治部に異動してきたばかりで、特段の感慨はない。その短い間に抱いた違和感を、反省も込めて記録しておきたい。 政治資金パーティーを巡る裏金事件で、派閥の所属…

【政界地獄耳】やっていることは稚拙な萩生田光一の甘えた理屈 自民党が議員教育の講座を開催 - 日刊スポーツ(2024年2月20日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202402200000053.html ★党のガバナンス(組織統治)が崩壊している自民党は派閥がなくなり、教育機関としての役割も消滅した。とはいえ派閥で裏金づくりをしていた安倍派を見れば、教育機関と…

<ぎろんの森>政治活動の自由 あははん♪ - 東京新聞(2024年2月17日)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/309849 「職業選択の自由 あははん♪」。1980年代後半のバブル真っただ中、テレビでしきりに流れていた女性向け就職情報誌のCMソングが頭の中を駆け巡ります。曲名は「憲法第22条の歌」。 というのも、自民党派閥の政治資…

【政界地獄耳】ベテラン横やりで大甘政治刷新では逆効果 予算通過前の政倫審開催実現するか - 日刊スポーツ(2024年2月15日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202402150000103.html ★衆院での予算審議が大詰めを迎え、与野党の駆け引きも激しくなってきた。年度内に参院まで通過させるには3月2日が衆院通過のデッドラインだ。野党は裏金事件で不起訴に…

【政界地獄耳】タレントも話題にし始めた政治とカネ問題 時間稼ぎでは自民党は沈没する - 日刊スポーツ(2024年2月13日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202402130000043.html ★確定申告が迫っているからか、普段は政治問題にふれない芸能人たちが自民党の政治とカネについて苦言を呈している。自民党前政調会長・萩生田光一が収支報告書の訂正で…

【政界地獄耳】「何でもありじゃないですか」あきれた答弁で時間切れ狙う岸田首相 - 日刊スポーツ(2024年2月9日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202402090000053.html ★6日の予算委員会答弁では選挙の際に、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)から「政策協定」に当たる推薦確認書に署名したか「覚えていない」と繰り返していた文科相・盛…

【政界地獄耳】野党共闘を示唆した国民玉木 世論の機運つかめるか - 日刊スポーツ(2024年2月8日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202402080000072.html ★4日に投開票された京都市長選挙は自民、立憲民主、公明、国民民主という与野党の相乗り選挙だったが、元官房副長官・松井孝治が共産党が支援した元京都弁護士会副会長・…

【政界地獄耳】失敗認めなければ全てが無駄 低すぎる国家公務員の「マイナ保険証」利用率 - 日刊スポーツ(2024年2月7日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202402070000074.html ★政策の失敗を認めないのも結構だが、そのための評価も甘ければすべては無駄になりかねない。総務省の21年度行政事業レビューによれば、マイナンバーカードは「21年度末…

<金口木舌>技能実習生の女性の人権 - 琉球新報(2024年2月7日)

https://ryukyushimpo.jp/newspaper/entry-2779445.html 出産する、しないの選択を奪われた女性の心痛を思う。技能実習生のベトナム人女性らが、母国の「送り出し機関」から避妊処置を勧められたり、妊娠を制限する指導を受けたりしていた ▼死産した双子の遺…

<視点>投票価値の考え方 平等こそが未来を開く 論説委員・桐山桂一 - 東京新聞(2024年2月6日)

www.tokyo-np.co.jp

【政界地獄耳】裏金問題、国税庁も重大関心 総務省は収支報告書をなぜデータ化しないのか - 日刊スポーツ(2024年2月6日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202402060000085.html ★政治資金規正法第1条には、「政治団体及び公職の候補者により行われる政治活動が国民の不断の監視と批判の下に行われるようにするため」とある。政治資金収支報告書は、…

<コラム 筆洗>内灘闘争とは古都・金沢近くの内灘村を舞台とする反基地闘争。… - 東京新聞(2024年2月2日)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/306829 内灘闘争とは古都・金沢近くの内灘村を舞台とする反基地闘争。朝鮮戦争中の1952年、海沿いの村の砂丘が在日米軍の砲弾試射場の用地に選ばれ、住民が反対運動を始めた。座り込みには乳飲み子を抱えた女性らも加わ…

【政界地獄耳】関西万博延期の駆け引き 経産省のメンツ保ち維新の弱体化狙い - 日刊スポーツ(2024年2月1日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202402010000125.html ★1月27日、経済安保相・高市早苗は長野市内の講演で、能登半島地震の復興を優先するため、来年開催予定だが予算が膨らみ続け、工期も遅れている大阪・関西万博の開催を延…

<金口木舌>何色に染まっているのか - 琉球新報(2024年2月1日)

https://ryukyushimpo.jp/newspaper/entry-2758319.html 法廷で裁判官が着用を義務づけられる法服の色はなぜ黒か。他の色には染まらず、公正を象徴するとして最適と考えられたためという。裁判所の説明にあった ▼誰におもねることなく、孤立しつつも自らの志…

【政界地獄耳】なぜカネがかかるのか 政治改革案、実現したくないのが本音では? - 日刊スポーツ(2024年1月31日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202401310000054.html ★国会での政治とカネの議論の低調ぶりにあきれる。そこには各党の政治とカネへの認識や文化が色濃くにじむ。26日、立憲民主党は政治改革案を決定した。会計責任者と連帯…

<視点>戦争犠牲者確定の意味 命の尊厳回復のために 編集委員・熊倉逸男さん - 東京新聞(2024年1月31日)

www.tokyo-np.co.jp

【政界地獄耳】政治とカネと安倍晋三… 自民党崩壊はこの10年の結果 - 日刊スポーツ(2024年1月27日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202401270000074.html ★国会開会後、29日には首相・岸田文雄の施政方針演説など政府4演説より前に、予算委員会で政治とカネの集中審議が開かれることになった。だが裏金事件だけが自民党と政治…

【政界地獄耳】裏金事件で揺れる自民党 問われる「けじめ」のつけ方 - 日刊スポーツ(2024年1月26日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202401260000031.html ★国会が始まる前に、裏金事件で揺れる自民党のキーワードは「けじめ」ということになりそうだ。18年以降の5年間で2728万円のキックバックを受け、政治資金収支報告書に記…

【政界地獄耳】栄華を誇った自民党、今は悪あがきの末期症状か - (2024年1月25日)

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202401240000448.html ★栄華を誇った自民党も、議席数があっても知恵がなければもろいものだ。権力から転落するぞと脅かされる時に自民党は一番まとまり、エネルギーを発揮するものだったが、今はそのパワ…

〈視点〉グロー元理事長セクハラ裁判 働く女性の尊厳かけて 編集委員・佐藤直子さん - 東京新聞(2024年1月24日)

www.tokyo-np.co.jp

【政界地獄耳】野党の政治家にできることが、なぜ自民党はできないのか - 日刊スポーツ(2024年1月24日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202401240000090.html ★18日、自民党副総裁・麻生太郎は首相・岸田文雄に「立件された者がいないのに派閥を解散するのは理屈が立たない。派閥はやめない」と電話で伝えたという。23日も自民党…

〈視点〉グロー元理事長セクハラ裁判 働く女性の尊厳かけて 編集委員・佐藤直子 - 東京新聞(2024年1月24日)

www.tokyo-np.co.jp

<ぎろんの森>派閥解散という逃げ口上 - 東京新聞(2024年1月20日)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/304042 「派閥解消」。70年近い自民党史の中で、この言葉を何度聞いたことでしょう。ロッキード、リクルート…。大型疑獄事件が起きるたびに発せられ、そのたびに裏切られてきました。 岸田文雄首相が自ら率いていた岸田…

【政界地獄耳】昭和守旧派vs改新派 若手議員の英知が試される時 - 日刊スポーツ(2024年1月20日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202401200000211.html ★首相・岸田文雄が党政治刷新本部の中間報告を待たずに岸田派の解散を固めた。高名な政治評論家は「ほかの派閥は怒っている」というが、刷新本部最高顧問・菅義偉、元幹…

【政界地獄耳】「異論より党」なら共産も自民と一緒 増えた発言の萎縮や忖度 - 日刊スポーツ(2024年1月19日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202401190000038.html ★自民党の政治刷新本部が到底本気でやっていないことは、国民に見抜かれている。それでも、それでいいと進めるのは自由民主党という政党の会議だからだ。自民党という政…

【政界地獄耳】補選ラッシュより解散?政治とカネ、国民がきれいさっぱり忘れると思うのか - 日刊スポーツ(2024年1月18日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202401180000015.html ★東京地検特捜部は、自民党安倍派の政治資金パーティーで裏金を受領していた衆院議員で元文科副大臣・谷川弥一(長崎3区)を在宅起訴か略式起訴にする方向だが、谷川はそ…

【政界地獄耳】「孤立」「原発」…生かされなかった阪神・淡路大震災、東日本大震災の教訓 - 日刊スポーツ(2024年1月17日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202401170000102.html ★「自分たちは日本から忘れられてしまったのではないか」と感じたというのは、能登半島地震で被災した石川県珠洲市の老人保健施設「美笑苑」のスタッフだ。避難所や病院…

【政界地獄耳】脱税明白も正義は貫けずか 国民に残る徒労感 - 日刊スポーツ(2024年1月15日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/202401160000073.html ★週末に広がった安倍派幹部立件見送り報道は与野党に失望感と共に、複雑な感情を呼び起こしたといっていい。なにしろ昨年11月から、安倍派5人衆ら幹部の名前が軒並み出て…

(取材記者の妄言多謝 西谷 格さん) 松本人志を自分の「家族」と見なす人々への違和感 - ニューズウィーク日本版(2024年1月13日)

www.newsweekjapan.jp