少年法と年齢 見直しの矛盾あらわに - 朝日新聞(2020年1月24日)

https://www.asahi.com/articles/DA3S14338542.html
https://megalodon.jp/2020-0124-0728-37/https://www.asahi.com:443/articles/DA3S14338542.html

少年法の適用年齢を18歳未満に引き下げる場合、いかなる手当てが必要か――。法制審議会の部会の議論が混迷に陥っている。収束の見通しは立たず、予定していた今国会への改正案提出が見送られるのは必至だ。
引き下げがもたらす弊害について関係者の認識はほぼ一致している。だがそれをどうやって補い、問題を顕在化させないかで、答えを見いだせない。
部会が始まって約3年。審議の「前提」である年齢引き下げ自体が、不要かつ間違ったものであることを、もはや正面から認めるときではないか。
少年法は、少年事件はすべて警察から家裁に送り(全件送致主義)、家庭環境や成育歴、交友関係などを調べて、立ち直りを促す点に最大の特長がある。大人ならば起訴猶予や執行猶予つきの判決になって、事後のフォローがないケースでも、少年院で教育したり保護観察処分にしたりして、更生を支える。その効果は、再犯率の違いなどによって裏づけられている。
一方、殺人を始めとする重い罪を犯した少年には、相応の刑罰を科すなど、これまでの法改正で、大人にかなり近い扱いがされるようになっている。
にもかかわらず引き下げが議論されているのは、選挙年齢と民法成人年齢が18歳になったので、足並みをそろえようという事情による。これに、犯罪に厳しい姿勢を見せて世論の支持を得たい政治の思惑が絡む。
少年法に内在する欠陥を正すためではなく、外的要因による「改正のための改正」であることが混迷の根底にある。
部会では18、19歳に関して、警察・検察がまず捜査し、起訴に及ばないと判断したら、家裁に移して保護処分を検討する案などが議論された。だが更生の機会が狭まるとの批判は強く、成案に至らなかった。
法務省は軌道修正を図り、昨年末に新たな案を二つ示した。一つは、全件送致主義を維持したうえで、刑罰を科す範囲を広げることを考えようという、現行制度の微修正案だ。もう一つも、家裁が大きな役割を担う点でいまの仕組みに似ており、とにかく着地点を見いだそうと迷走している印象が強い。
「大人」の定義は統一すべきだという主張は耳になじむが、法律にはそれぞれ目的がある。少年法の20歳という境目は、人間の成熟度や再犯防止効果などを考慮して定められ、これまで実績を重ねてきた。
引き下げありきで法の理念をないがしろにした制度にしてしまえば、生まれるのは、立ち直る機会のないまま再び道を踏み外す若者と、その被害者だ。そんな社会は誰も望んでいない。

 

「桜を見る会」内閣府が新資料、受付開始前に8千人入場 - TBS NEWS(2020年1月23日)

http://web.archive.org/web/20200123232123/https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3887207.html

関連)

 


【news23】桜を見る会、疑惑の“総理枠”めぐり新文書

 

洋上風力 全国で原発10基分の計画 将来性ある再生エネルギー:茨城 - 東京新聞(2020年1月23日)

https://megalodon.jp/2020-0123-1041-30/https://www.tokyo-np.co.jp:443/article/ibaraki/list/202001/CK2020012302000156.html

 

代表質問への首相答弁 肝心な点になぜ答えない - 毎日新聞(2020年1月23日)

https://mainichi.jp/articles/20200123/ddm/005/070/118000c
http://archive.today/2020.01.23-013534/https://mainichi.jp/articles/20200123/ddm/005/070/118000c

安倍晋三首相は同じ答弁を何度も繰り返すことが「丁寧な説明」だと勘違いしているのではないか。そんな疑問さえ抱く。
首相の施政方針演説に対する各党代表質問がきのう、衆院本会議で始まった。だが、「桜を見る会」の疑惑などに対する首相の答弁は昨年12月の国会当時とほとんど変わらなかった。これでは到底納得できない。
立憲民主党枝野幸男代表が質問の冒頭、先の首相演説では一切触れられなかった「桜を見る会」の問題を取り上げたのは当然だ。
この問題では、政府が「ない」と言ってきた一部の関係文書が残っていた事実が新たに判明し、疑惑解明のカギでもある招待者名簿が本当に廃棄されたのかどうかも裏付けできない状況になっている。
ところが首相は名簿について「個人情報保護」を盾に相変わらず早期廃棄の正当性を強調し、再調査の必要性を認めなかった。名簿管理や廃棄に際し記録を残していなかった違法行為に対して官僚の処分はアピールしたものの、行政トップとしての責任を誠実に語ることはなかった。
首相と妻昭恵氏の関係者を大量に招待して、税金を使った催しを私物化したのではないか。そして内閣府が無理な説明を重ねているのは首相を守るためではないか。これが疑惑の核心だ。「自分には一切責任がない」という首相の姿勢はむしろ強まっていると言っていい。
統合型リゾート(IR)事件も同じだ。枝野氏が指摘したように、事件はカジノが利権を生む構造を浮き彫りにしたはずだ。しかし首相は、こうした根本的な問題に触れようとせず、捜査中を理由に「詳細なコメントは控える」で終えてしまった。
枝野氏は「分配」を重視する経済政策をはじめとして、国のあり方について、安倍政権とは違う選択肢をそれなりに示した。
にもかかわらず首相はアベノミクスの成果を列挙するだけだった。枝野氏が旧民主党政権時には実質賃金指数は回復傾向にあったと指摘すると、民主党政権下ではデフレが進行したと強調し、「デフレ自慢だ」とまで言って反論する場面もあった。
これでは議論にならない。肝心な点に答えず、国会質疑の劣化を招いている責任はやはり首相にある。

 

「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問 - 毎日新聞(2020年1月22日)

http://archive.today/2020.01.22-141016/https://mainichi.jp/articles/20200122/k00/00m/010/295000c

 

買収の原資か 河井前法相夫妻「選挙資金」1億5千万円の「入出金記録」を入手した - 文春オンライン(2020年1月23日)

bunshun.jp

公選法違反(運動員買収)の疑いで広島地検の捜査を受けている河井克行前法相(56)と妻の案里参院議員(46)の政党支部に、参院選の前に合計1億5000万円が、自民党本部から振り込まれていたことが「週刊文春」の取材でわかった。現在、捜査対象となっている運動員買収の資金は、これらの政党支部から支出されており、「違法買収」の原資となった可能性がある。自民党幹部によれば、一候補に1億円を超える選挙資金が提供されるケースは異例中の異例だという。

 

玄海町長へ100万円 高浜町元助役の関係企業 - 東京新聞(2020年1月23日)

https://megalodon.jp/2020-0123-0954-46/https://www.tokyo-np.co.jp:443/article/national/list/202001/CK2020012302000143.html

f:id:kodomo-hou21:20200123102404j:plain


 

 

建設会社側、玄海町長の選挙支援 便宜期待、早い時期から接触か - 東京新聞(2020年1月23日)

https://megalodon.jp/2020-0123-0957-34/https://www.tokyo-np.co.jp:443/s/article/2020012301000725.html

 

ウラジオストク港で日本から持ち込まれた放射能汚染車が見つかる 3年ぶり - スプートニク(2020年1月21日)

jp.sputniknews.com

 

 

知られざる刑務所の実態、更生プログラムで涙する受刑者も…映画「プリズン・サークル」 - 弁護士ドットコムニュース(2020年1月15日)

www.bengo4.com


映画『プリズン・サークル』予告編

地方創生フェイクだけじゃない! 安倍首相が施政方針演説で東京五輪聖火最終ランナーの原爆との関わりや平和への思いを無視し改憲扇動に利用 - リテラ(2020年1月21日)

lite-ra.com

ハンセン病 遺族の葛藤 草津・重監房資料館の映像 25日、都内で上映会 - 東京新聞(2020年1月21日)

https://megalodon.jp/2020-0122-0939-09/https://www.tokyo-np.co.jp:443/article/national/list/202001/CK2020012102000249.html

新作啓発映像上映会のお知らせ

sjpm.hansen-dis.jp

f:id:kodomo-hou21:20200122100947j:plain



裁判費、ネットで調達 高浜廃炉、不正入試、同性婚訴訟 - 東京新聞(2020年1月21日)

http://web.archive.org/web/20200121132916/https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202001/CK2020012102000256.html