塚本幼稚園、保護者が語った呆れた実態 - ハーバー・ビジネス・オンライン(2017年3月2日)

https://hbol.jp/130541

国有地を9割値引きで買い受けた「学校法人森友学園」。2月9日の朝日新聞によるスクープ以降、報道各社もこの土地取引の闇を追い続けている。当サイトでも大阪にいち早く飛んだ菅野氏による徹底取材でスクープをはじめ、いくつかの重要なニュースを配信してきた。
しかし、忘れてはならないのは、この幼稚園で行われている「教育」によって、心を傷めた子供たちがいることだ。
今回、菅野氏が「週刊SPA!2月28日号」に寄稿した記事を本サイトへと転載することで、いま一度、そこで子供たちがいかなる仕打ちを受けてきたかを詳らかにしたい。




「いいかげんにしろ!!」との一言から始まる副園長直筆の恫喝手紙。大阪府への苦情を恐れたのか「大阪府庁にTELしたらあかん」で結ばれている。塚本幼稚園ではこのような手紙がひんぱんに保護者に配られている



退園保護者Bさんが受け取った副園長からの「直筆手紙」。殴り書きの文字で、到底教育者とは思えない文字が並ぶ。塚本幼稚園ではこれが日常化している