(政界地獄耳)安倍首相「大阪日帰り」は森友絡みだった? - 日刊スポーツ(2017年2月27日)

http://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/1784809.html
http://archive.is/2017.02.27-085046/http://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/1784809.html

大阪府豊中市の国有地が、近隣国有地の約1割の価格で学校法人「森友学園」に売却された問題について小沢一郎事務所はツイッターで「適正、廃棄、知らない、確認してない、何ら問題はない…。本当にふざけた答弁のオンパレード。タダ同然の売却に何ら問題ないという役所の答弁を聞くと背筋が寒くなる。内政、外政あらゆることがこんないいかげんな感覚で処理されているとしたら、もう最悪である。『政府』たる資格が問われている」と指摘した。
★24日の衆院予算委で共産党衆院議員・宮本岳志が近畿財務局9階会議室で15年9月4日、問題の小学校土壌改良工事の価格を巡り、工事業者と近畿財務局・大阪航空局の担当者が会合していたと指摘すると、佐川宣寿理財局長は会合は認めるも「記録は残っていない。財務省の行政文書管理規則に基づき廃棄した」と答弁した。同党参院議員・辰巳孝太郎はその日、「首相・安倍晋三は国会サボって大阪入りしてた。前日9月3日は理財局長と会って何かの報告を受けている模様」と指摘。首相動静によれば、首相は4日に大阪を日帰りで訪問、産経新聞は「国会開会中の平日に首相が大阪入りするのは異例」と記事にしている。
★また元民主党衆院議員・川内博史ツイッターで「16年6月売買契約。1年経過していないが契約締結に至るまでの経緯(航空局から財務局への委任書類・森友学園の買受要望書・財務局での審査記録・価格交渉記録・埋設物撤去費用打合せ記録)を保存していないと財務省。理財局長は『売買契約が締結されたら文書管理規則上、契約が締結されるまでの間の文書は廃棄することになっている』と答弁。文書管理規則のどこにそんなことが書いてあるのか」。財務省の「行政文書管理規則」には保管期間が10年間とあり、国有地の扱いだけに取引後もしばらくは情報を管理する規則だ。虚偽答弁もさることながら今週も事態は深刻化していくようだ。政府たる資格が問われている。(K)※敬称略

(関連サイト)
安倍首相、国会開会中の平日に異例の大阪市訪問 橋下氏との友好アピール - 産経ニュース(2015年9月4日)

(1/2)
http://www.sankei.com/politics/news/150904/plt1509040051-n1.html
http://archive.is/2017.02.26-065248/http://www.sankei.com/politics/news/150904/plt1509040051-n1.html

(2/2)
http://www.sankei.com/politics/news/150904/plt1509040051-n2.html
http://archive.is/2017.02.26-065529/http://www.sankei.com/politics/news/150904/plt1509040051-n2.html