東京新聞「深く反省」 副主幹司会「ニュース女子」問題 - 朝日新聞(2017年2月2日)

http://www.asahi.com/articles/ASK222GSQK22UTIL002.html?iref=comtop_8_01
http://megalodon.jp/2017-0202-1010-34/www.asahi.com/articles/ASK222GSQK22UTIL002.html?iref=comtop_8_01

沖縄の米軍基地反対運動を取り上げ、批判の声があがっていた東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の番組「ニュース女子」で、東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏が司会を務めていたことについて、同紙は2日付朝刊1面に「『ニュース女子』問題 深く反省」とする記事を掲載した。
記事では「(番組の)内容が本紙のこれまでの報道姿勢および社説の主張と異なることはまず明言しておかなくてはなりません」としたうえで、番組内容について「事実に基づかない論評が含まれており到底同意できるものでもありません」としている。そのうえで「副主幹が出演していたことについては重く受け止め、対処します」とした。
問題になっているのは、1月2日に放送された同番組。沖縄の米軍基地反対運動を取り上げたが、人種差別的な発言や歪曲(わいきょく)があったとする批判が出ていた。

関連サイト)
東京MX「ニュース女子」の沖縄ヘイト。東京新聞特報面で3回、私がデスクとして厳しく批判しましたが、本日2日の朝刊1面で、弊社の長谷川幸洋論説副主幹が司会を務めている問題につき、社の見解が示されました。内容には到底同意できず、副主幹が出演していたことは重く受け止め、対処する、と。