都議会、リオ視察中止へ 総経費1億円前後、世論に配慮 - 朝日新聞(2016年6月24日)

http://www.asahi.com/articles/ASJ6R6DBFJ6RUTIL041.html
http://megalodon.jp/2016-0624-1935-50/www.asahi.com/articles/ASJ6R6DBFJ6RUTIL041.html

今夏のリオデジャネイロ五輪パラリンピックをめぐり、東京都議会が議員団の視察を取りやめる方向で調整していることが23日、分かった。宿泊費の高騰などで、総経費が6200万円の予算を大幅に上回る1億円前後になる可能性があり、舛添要一前知事の高額な海外出張費を追及した都議会は、世論の反発を招きかねないと判断した。
中止の方針は近く議会運営委員会理事会で決める。
これまでの計画では、自民と公明、民進系2会派の計4会派の都議27人が、五輪とパラリンピックの開会式と閉会式に合わせ、4回に分けて現地入り。競技会場の運営や安全対策などを確認する予定だった。だがホテル代が条例の上限額の10倍近くまで高騰し、一部の会派が派遣規模の縮小などを検討していた。
一方、議会内には4年後の東京大会に向けて大会運営を確認する唯一の機会として視察を重視する意見もあり、自費での視察を検討している議員もいるという。