衆院選:大阪のおばちゃん 憲法、井戸端会議で語ったら - 毎日新聞(2014年12月9日)

http://senkyo.mainichi.jp/news/20141209k0000e010246000c.html
http://megalodon.jp/2014-1210-1048-03/senkyo.mainichi.jp/news/20141209k0000e010246000c.html

◇「大阪おばちゃん語訳」出版

 大阪のおばちゃんが井戸端会議で憲法について語ったら−−。交流サイト上で活動する女性市民団体「全日本おばちゃん党」代表代行で、大阪国際大准教授の谷口真由美さん(39)が「日本国憲法 大阪おばちゃん語訳」(文芸春秋、1188円)を刊行した。憲法のあり方は、衆院選で各党が論戦を交わす争点の一つだ。谷口さんは「憲法は9条だけちゃう。改憲や護憲や言う前によう知って、お友達に知識をひけらかして」と話す。

.....

日本国憲法 大阪おばちゃん語訳

日本国憲法 大阪おばちゃん語訳

本は抜粋した約50の条文のおばちゃん語訳と、その解説で構成。例えば、前文の「日本国民は、恒久の平和を念願し……」の訳は、「私らは、ずっと平和がええなって思ってますねんわ」。安倍政権が憲法解釈を変更して集団的自衛権の行使容認を閣議決定した際、話題になった「立憲主義」は「憲法っちゅうのは権力者が暴走せーへんように権力者を縛るものという考え方」と説明する。