少年事件の有期刑、引き上げ 法務省、9月にも諮問-朝日新聞(2012年8月24日)

罪を犯した少年に対して言い渡せる有期刑を最長で懲役(禁錮)15年までとしている少年法の規定について、法務省は、より厳しくする方針を固めた。犯罪被害者や裁判員裁判を経験した市民らから「成人と比べて軽すぎる」との指摘があるためで、年数の引き上げを想定している。

http://www.asahi.com/national/update/0824/TKY201208230676.html
http://megalodon.jp/2012-0824-1124-06/www.asahi.com/national/update/0824/TKY201208230676.html