韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し” - 日刊ゲンダイDIGITAL(2019年8月17日)

www.nikkan-gendai.com

時事問題を扱う米誌「ザ・ネーション」は7月25日、<オリンピックに向けて福島は安全か?>と題した記事を掲載。<福島を訪問したが、大会組織委が掲げる「復興五輪」には議論の余地がある><我々がここ(福島)で会った人の中で、安倍首相の「アンダーコントロール」という大ボラを信じている人はいない>と断じていた。

 関連)

Is Fukushima Safe for the Olympics? - thenation(JULY 25, 2019)

www.thenation.com

東京湾の水質汚染、ガンジス川を超える数値?カキを使った大規模な水質浄化実験でカキ全滅 下水たれ流しの恐怖 - 情報速報ドットコム(2019年8月18日)

johosokuhou.com

東京湾放射能汚染は今 ~本紙が5回目の調査~こちら原発取材班 - 東京新聞(2018年10月17日)

genpatsu.tokyo-np.co.jp

f:id:kodomo-hou21:20181114155004j:plain

 

水質悪化でスイム中止 お台場のパラトライアスロン - 日刊スポーツ(2019年8月17日)

www.nikkansports.com

 

未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々 - 日刊ゲンダイDIGITAL(2019年8月16日)

www.nikkan-gendai.com

「個別指導」指摘後も継続 都の一時保護所、罰は否定 - 東京新聞(2019年8月17日)

https://megalodon.jp/2019-0817-1002-49/https://www.tokyo-np.co.jp:443/article/national/list/201908/CK2019081702000147.html

「個別指導孤独でつらい」 廊下で寝起き、書写1週間、自由時間なし - 東京新聞(2019年8月17日)

https://megalodon.jp/2019-0817-1007-13/https://www.tokyo-np.co.jp:443/article/national/list/201908/CK2019081702000136.html

 

中核市、児相「設置」16% 県との重複や運営費懸念 - 東京新聞(2019年8月17日)

www.tokyo-np.co.jp

https://megalodon.jp/2019-0817-1012-13/https://www.tokyo-np.co.jp:443/article/national/list/201908/CK2019081702000124.html

「不自由展」中止愛知県検証委 表現の自由議論、来月フォーラム - 東京新聞(2019年8月17日)

www.tokyo-np.co.jp

https://megalodon.jp/2019-0817-1003-57/https://www.tokyo-np.co.jp:443/article/national/list/201908/CK2019081702000127.html

弁護側主張 分からない 県弁護士会、裁判員裁判対策を模索 - 東京新聞(2019年8月17日)

www.tokyo-np.co.jp

https://megalodon.jp/2019-0817-1010-40/https://www.tokyo-np.co.jp:443/article/chiba/list/201908/CK2019081702000166.html

天皇と靖国神社 不参拝の姿勢は重い - 東京新聞(2019年8月17日)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2019081702000151.html
https://megalodon.jp/2019-0817-0830-11/https://www.tokyo-np.co.jp:443/article/column/editorial/CK2019081702000151.html

靖国神社が昨秋、当時の天皇陛下(現上皇さま)に「行幸(ぎょうこう)請願」をしたが断られていた。一九七八年のA級戦犯合祀(ごうし)が天皇の不参拝の契機だとされる。その姿勢はもはや明白で決定的ともいえる。
天皇靖国神社とは歴史的に深く結び付いている。戊辰戦争の官軍側戦死者らを弔うために、明治天皇の意向で創建されたからだ。創立五十年の一九年に大正天皇が、創立百年の六九年に昭和天皇が参拝した。今回は創立百五十年の参拝についてだ。
請願自体が異例だが、それを宮内庁側から断った事実は重い。節目であっても天皇は「不参拝」であり、その姿勢は明確でもある。
天皇参拝は七五年から途絶えている。背景にA級戦犯の合祀があるとの説が有力だ。七八年に宮司の故松平永芳(まつだいらながよし)氏が主導し、実現した。父は初代宮内府長官の慶民(よしたみ)氏だ。故富田朝彦(とみたともひこ)元宮内庁長官が記したメモが二〇〇六年に公になり、その因果関係が浮き上がった。
昭和天皇が合祀に触れ「松平は平和に強い考(え)があったと思うのに、親の心子知らずと思っている」と漏らし「あれ以来参拝していない。それが私の心だ」と不快感を示したのだ。
松平氏の前任者である故筑波藤麿(つくばふじまろ)氏はA級戦犯合祀に慎重姿勢であり、このメモの正確性が裏付けられる。昭和天皇が「筑波は慎重に対処してくれたと聞いた」と話したとの記載があった。異論は存在するが、これほど天皇不参拝を説明できる史料はなかろう。
平成は天皇参拝のない初の時代となった。戦死者を国家が英霊と祀(まつ)り、国民を総動員して戦争遂行した歴史を踏まえれば、当然の帰結であろう。靖国神社が、天皇や国家のための死を至上の徳と教え込んだ国家神道の中核施設であった点からも、それは言える。
憲法政教分離や信教の自由などを定める。その厳格な保障のため、国家は特定の宗教と絶対的に結び付いてはいけない。天皇国家神道との関係を再現するかのような目論見(もくろみ)は、いわば究極の時代錯誤でもある。
戦没者の追悼の在り方は政治問題化している。仮に天皇参拝があれば政治的にも国際的にも多くの反響を呼ぶであろう。政治に関する権能を有しない天皇を政治問題に巻き込むべきでもない。
戦没者の慰霊には、現行の追悼式など無宗教の形式がふさわしい。令和の時代も、その意は継がれよう。

 関連)
靖国神社は神社でも神道の神社ではないし、「戦没者の慰霊」の場所ではない - KyojiOhnoのブログ

kyojiohno.hatenadiary.com

90歳高校生「趣味は勉強」 北区の舛谷さん 新宿山吹高で勉学励む:東京 - 東京新聞(2019年8月17日)

www.tokyo-np.co.jp

https://megalodon.jp/2019-0817-1009-01/https://www.tokyo-np.co.jp:443/article/tokyo/list/201908/CK2019081702000157.html

「福島第一原発は津波が来る前に壊れていた」元東電社員“炉心専門家”が決意の実名告発 - 文春オンライン(2019年8月13日)

bunshun.jp

戦没者の追悼 「深い反省」受け継いで - 東京新聞(2019年8月16日)

https://www.asahi.com/articles/DA3S14140978.html
https://megalodon.jp/2019-0816-0635-49/https://www.asahi.com:443/articles/DA3S14140978.html

終戦から74年。きのう東京で開かれた全国戦没者追悼式に天皇陛下が即位後初めて出席し、「おことば」を述べた。
昨夏までの30年間、上皇さまは一言一句に推敲(すいこう)を重ね、この日のおことばに思いを注いできた。戦後50年の節目となった1995年に「歴史を顧み」、そして70年の2015年には「さきの大戦に対する深い反省」という一節を盛り込み、過去を直視する姿勢を内外に示した。
そして今年。戦後生まれの陛下も「過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い」と、平成の時代の表現をほぼ受け継いで不戦を誓った。
自国だけでなく他の国々、とりわけアジア太平洋諸国に与えた損害と苦痛を忘れない。その気持ちを言葉に込めることで、国際協調を重んじる考えに変わりがないと宣明したといえる。
一方で、安倍首相の式辞には今年も「反省」の文字はなかった。第1次内閣当時の07年夏は口にしたが、12年末に再び政権に就いた後は、近隣諸国への言及ともども姿を消した。代わりにあるのは、「子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を負わせてはなりません」(戦後70年の首相談話)との思いだ。
だが国民の代表者である政治家が、負の歴史から逃げず、真摯(しんし)に受け止める態度を表明し続けてこそ、謝罪が不要な関係を結べるのではないか。右派層に厚い支持基盤をもつ首相である。先の世代のために、今やるべきことがあるはずだ。
式辞で目を引いたのは広島・長崎の原爆や各都市への空襲とあわせ、沖縄での地上戦の犠牲に触れたことだ。過重な基地負担に苦しむ沖縄の原点に、第2次大戦とその後の米軍統治がある。県民の思いにこたえる具体的な施策を講じることで、式辞が形だけのものではないと証明してもらいたい。
首相はまた、戦地に残る元兵士らの遺骨の一日も早い帰還に「全力を尽くす」と述べた。だが現実はどうだろう。
シベリアに抑留された人々のものとされた遺骨について、日本人ではない疑いが浮上している。専門家の指摘を受けながら厚生労働省は放置し、ロシア側にも伝えてこなかったという。国籍を問わず、戦争犠牲者への敬意を欠く行いであり、政府として厳正な対処が必要だ。
きのうの「追悼の辞」で、衆参両院議長はそろって日本国憲法の平和主義に言及し、その実現に全力を尽くすと約束した。歴史に学び、反省を踏まえ、憲法をいかす。未来に向け、平和を守り続けるために何が必要かを考えさせる式典となった。